現場の「見える化」の技術でサポートし、船と船員の安全を守り、さらには労務負荷を軽減させるためのネットワーク・保険連動型ドライブレコーダーです。

内航船の安全の現状

  • 内航船の事故の大半が、スキル・経験不足などのヒューマンエラーによるものです。
  • 多くの運航支援サービスは、コストが高い為に導入する会社は中大手船主に限られています。
  • 船陸の連絡手段は紙とFAXがメインである為、事故発生時の対応業務が煩雑です。

ドラコ導入後

  • 船舶と周辺状況をリアルタイムで確認が可能で、また、海図との連携により運航が効率化されます。
  • 保険連動と証拠保全により、事故発生時の調査及び報告書作成業務が簡略化されます。
  • 安全運航レベルの定量評価により、将来的に保険料率変動に利用可能となります。

Feature

リーズナブルな価格で、カメラ本体と付属機器の支給のみで簡単に導入が可能です。また、ご要望に応じてカメラの台数を追加することも出来ます。

ドラコで撮影した画像はリアルタイムで陸上から確認することができます。これにより、船内と陸上とでタイムリーにコミュニケーションを取ることが出来ます。

緊急時及び事故発生時の際、撮影された画像は保険会社にも共有されますので、迅速な処理が可能となります。

Function

  • 居眠り・脇見操船防止
  • 動作保証 -20~60℃
  • 海図・気象連携
  • 複数カメラ同時録画
  • 事故時証拠保全
  • AI画像認識による衝突警報

Price

本体価格90,000
月額999円~

本体価格90,000円、月額999円~

現在想定している価格となりますので、最終的な価格は変動する可能性がございます。